電話番号

営業時間:
9:00~18:00
定休日:

名古屋市北区の空き家対策は雨宮不動産へ > 株式会社雨宮のスタッフブログ記事一覧 > 空き家対策⑤ 断捨離始めませんか?

空き家対策⑤ 断捨離始めませんか?

≪ 前へ|空き家対策④ まずは管理から!専任で無料サービスも!   記事一覧   【解説】相続税評価額の計算方法|次へ ≫
カテゴリ:空き家対策
名古屋市北区の不動産売却・リフォーム、空き家対策、戸建賃貸、中古マンションを探すなら雨宮不動産

空き家対策をしていると、
不意な用事を頼まれることも在りまして、

今回は
片付けの一環で、家に保管されていた古酒、お酒をお客様と一緒に売りに行きました。


お酒って知りませんでしたが、
いわゆる

ボトルに入ったものより、
陶器の容器に入ったものの方が、

中身が蒸発しやすいんですって!
だからいくら封がされていても、

常温や日光の当たるところの保管はもってのほか、
正規のボトルを含めたグラム数を測って

中身が減っている場合は、買取減額になるんだそうです!
コレクターの方なんかは、
蓋の周りに、蒸発を防ぐものを巻いたりして、保存するんだそうです!

勉強になりますね~

それから、蓋がいくら閉まっていても、
ラベルが蓋の上にしてあった場合、

そのラベルが、剝がれてしまったら、
基本的に
「開封」扱いになるんですって!

お店ごとに事情が違ったりするかもしれませんが、
少なくともお持ちした店ではそうでした。

また、お酒の種類によっても違いがあって、
リキュール、ワインなどのお酒や焼酎などは、

基本的に賞味期限内で冷蔵庫など適切な保存がされていなければ品質上買取不可、

ウイスキーなどは、よほど保存状態が悪くなければ、
飲めるんだそうです。

いやはや、もし、古酒をずっと放置したりしているようなら、
プレミアがつく可能性も無くはないのでしょうが、
早めに処分された方がいいかも知れませんね。

空き家対策、空き家活用の一環で、必ず断捨離、
残置物整理は発生します!

協力業者さんとともに、こういった断捨離のお手伝いもさせていただけます。
お気軽にお問い合わせください。



清潔で快適な生活環境づくりを目指す、名古屋市北区のハウスメンテナンス・ハウスサービス企業AMEMIYA
≪ 前へ|空き家対策④ まずは管理から!専任で無料サービスも!   記事一覧   【解説】相続税評価額の計算方法|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

荒川富行 最新記事



荒川富行

シロアリの雨宮が手掛ける不動産! 床下のことを誰よりわかっている不動産屋です! リフォーム、虫対策、鳥対策、なんでもお任せ! お部屋探しや資産運用、管理のこともご相談ください!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る